Part7解答テクニック

今日は、part7についてです。

時間が足りなくて、どうしてもpart7の最後まで辿り着かないと
いう方に、気持ち的に余裕が持てる解き方をご紹介しましょう!!

1.設問4問以上のシングルパッセージは飛ばす
2.最後の196〜200問は先に塗りつぶしておく

まず、1番ですが、part7の設問が4問以上ある問題文は、
後に廻しましょう!4題前後はあるはずです。
この際、気をつけておくことは、確実に解答用紙にマークすることです。
ずれて解答してしまうと、最悪な結果になってしまいますからねあせあせ(飛び散る汗)
設問が3問以下のものを確実に、素早く解くこと。
そして、戻って4問以上の設問を解きにいきましょう!

2番ですが、解答用紙に必要事項を記入するときに、
196〜200問目を塗りつぶしておくことです。
これは、解けなかった場合の保険です。
出来れば、時間内に辿り着いて、解けるのがベストですが、
塗りつぶされているだけで、精神的に楽になりますよ。

とにかく、正解の数を増やせばいいのです。
難しい問題を解いても、簡単な問題を解いても、点数は同じわけですから、
簡単なものを確実に解くことが、TOEIC点数のUPにつながります!!

みなさんも自分なりの解答法を探してみてくださいねひらめき


blogランキングに参加しています。
この記事が少しでもお役に立てましたら、ご協力頂けると嬉しいでするんるん


↓英語学習方法は十人十色。自分に適した勉強法があります
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

↓子供から大人まで網羅した英語総合サイト
C:Documents and SettingssugawaraMy Documents英語

TOEICブログair_rank1.gif

↓TOEIC・英会話の情報が豊富です
みんなの英会話奮闘記




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。